スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再開

3月からこっち、家庭の事情なんてもので振り回し振り回されしたのですっかりブログを書く気力がありませんでした。
自分の時間大切にせんとね!!と趣味事覚書ブログとしてまた細々書いていこうかと。
とは言えのほほんと暮らしてるわけなんですが。
3月に愛猫が死んじゃったのもダメージだったのかなーと最後のブログの日付を見て思ったり!

この半年の間に舞台もいっぱい見たんだけど…。
いかん!
そう言うの記録していこうっと。

ブログでできる事。
基本公開覚書!

スポンサーサイト

とあるブルーの言いまつがい

>ふぅ、何とか稽古場の近くまでついて弁当を注文中。汗も無事止まった。しかし、急いで家出た為今日の服装がスカジャンにスエットにキャンプ後ろ被り。ルーキーズに出てた時、何回も職務質問されたからトラウマになって警察官おると嫌な気持ちになるわ。まぁ、ルーキーズの時と違って金髪でないが。


…キャンプ。

キャップ…?

おおおお…

恐ろしい…

…あけましておめでとうございます。
年末年始って、お師匠も走って用事すませるってゆうね。

もうすぐ節分ですね。
寒いですね。

あ、今日は小春日和でした。

最近だと、アバレ青とデカ青がTwitterでじゃれてたのがかわいかったです。
波平さんが鬼籍に入られたのが寂しかったです。

…今年もあと11ヶ月頑張ります。


デスティニー~再演~

10月の東京公演は都合が悪くて行けなかったので、名古屋に行ってきました。
大千秋楽と言う事もありまして。
正直オーラスはいいかなーと思っていたのですが、お友達の尽力により見ることができました。

いやはや。

初演に比べてボリュームアップ!
新しい役柄も増えて更ににぎやか!

でもって悪魔役が髪の毛のあるイケメン方面にシフトしたので、だいぶ物語の印象が変わりました。
いじられキャラからいじりキャラへと。
アランも、前回のちょっと含みがありそうな男から優しい雰囲気の男へシフトチェンジ。
スパイ役に向いてたかっていうと前回の方があってる気もするけど、アイシャとの身長差は文句なしに萌えた…。
より恋愛方面に切なくなりました。

悪魔と言えば、終演後自分で話しながら気が付いたんですが、と言うかお友達の疑問から気が付いたんですが、悪魔が最後に人間だった事を思い出したのか苦しんでる描写が結構あって。
その時に胸ぶら下げてるお守りみたいの握りしめて苦しんでるんですが、あれってテムジンとの表裏一体感みたいの表したかったのかなぁと。
ユミンにもらったお守りを心の支えに人を殺しても悪魔に堕ちなかったテムジンと、同じ状況でも悪魔に堕ちてしまったシャイターン。
紙一重なんだなーと。
もしかして違う伏線とか解釈とかあるのかもしれませんが、今回の悪魔ではそんな事を思いました。

昔見た井川遥とか出てた「HAKANA」を思い出しました。
あれは鬼に堕ちちゃった話でしたが。

あと、気になったのは新キャラのジブリールさん。
…天使て。
そら悪魔がいるんだから天使いてもいいのかも知れないけど、ちょっと物語としてはボリュームオーバーなような…。
悪魔が見えるのは百歩譲っていいとしても、ただの聖職者で良かったんじゃないの?と思いました。
直球すぎるかなーと。
悪魔が憑いてる人間に「勝てそうな存在」が必要だったのか。
必要だったとしたらそれは「人間」じゃなきゃいけなかったんじゃないだろうか、とか。
それか、堕天したのだったらもっともっと狂信的に描いちゃっても良かったんじゃないのかな、とか。
とかとか。

そういったとこだと、悪魔に狂信しちゃったベルゲンタールさんは気持ち悪くて良かった!!
ん?森さん初演は天使だったか…

とは言え、やっぱり再演なだけあって練られたところは練られてたし、とても見ごたえのあるいい舞台でした!
占い婆さんのイリスとか素晴らしかったし!
そして目の保養もいっぱいできた☆

初演はDVD買わなかったんだけど、今回は買ってしまいました。

大千秋楽で最後2回もやったOPアクトもまたじっくり見たいですしな!

主演含め40オーバーのおっさまが4人もメインはって頑張ってらしたのもすんばらしい。
舞台ならではですな!

堪能いたしました。

そして名古屋は美味しかったです。
はー満足♪


戦国BASARA宴2

思い起こせば4年前。
あんなもの舞台にできるのか!と思ったGロッソ。
殺陣ばかりで眠くなると言う残念な初演から、ちゃんとそれなりにストーリーがあるじゃないか!芝居もみせるじゃないか!の3まで。
これ以上何やるんだろうの宴でメインが卒業し。
2代目赤青(正確には赤は3代目)初お披露目の宴2。

…ぬーん。

確かに。
確かに原作はストーリーがあってないようなゲームなんです。
プレイヤーのルートによってお話は天と地ほども変わるゲームなんです。
んがしかしっ!

またお話が無い舞台だった。
いや、背中を守る腹心たちのストーリーとしては一幕目ありだとは思いますけど、あれ今までのお話とかゲームやってないと本当に分からないというか。
結局二人ずつの大ゲンカって事でOK?と休憩始まる時に小首を傾げてしまいました。
…いいんだろうな。それはそれで関係性的に燃えるしな。

二幕は。
凶王誕生。
いいです。あれでいいんですけど、やっぱり切り抜き見させられてる感は否めなくて。
ほら、ここのシーンとここのシーン繋ぎ合わせてダイジェストでかっこいいでしょ?みたいな。
どんな映画も予告編には叶わないと、お髭の映画評論家が生前言ってましたが、予告編だけ延々見させられてもけっこうキツイぞ、と。
最後の光成の芝居がごっついので、あそこだけすごい舞台舞台してて悪目立ちしちゃうというか。
今回家康がいなかったので、黄色の徳川の証の布?旗?を握りしめて泣いてる光成が本当にただかわいそうでしたねー。
めっちゃ信じてたじゃん。家臣が謀反って言ってるのに、そんなわけがあるかと狂気すら感じましたよ。
中村さん一人勝ち。

新しいBASARAって銘打つなら、ちょっと芝居もしてみればいいのに。
コスプレ殺陣が売りなのも分かるんですがのー。

次は新しい4のお話持ってくるのかなー。
お話がちゃんとあるといいなー。

ちなみに4年前の日記はコチラ☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。