スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型時代劇

先週は大型時代劇の舞台を2本見ました。
赤坂ACTシアターで「真田十勇士」、歌舞伎座で「陰陽師」
丁寧に大型の時代劇ってお金かかるけど、ちゃんとかけてしっかりやってくれると見ごたえあって贅沢な気持ちになりまっす!
なんか「陰陽師」の方は時代劇って雰囲気ではないけど一応時代物ってことで!

真田の方は大好きな中島かずきさんの本で、とても「らしい」はったり展開があったりして、すんごい気持ちよかった。
最後の船の名前とか、マジでしてやったりだったろうなーなんて思ったりして。
お目当ては葛山さんだったんですけど、オペラグラス忘れちゃって、心の双眼鏡を駆使しました。
めっちゃかっこよかった。
ビジュアルブックが楽しみすぎる。
そう、葛山さんもそうだけど、松田賢二さんとか山口馬木也さんとかその辺みなさん40代でね。
主演の上川さんが40代後半だってのにびっくりしたんだけど、そこの年齢層かっこよすぎだろー!!
あと、里見浩太朗様を生で拝見できたのがうれしかった。
若手もみんな見ごたえあった。
もう一回見てもよかったかもー。
時間ないですが…。

期せずして日テレ系でも真田十勇士、勘九郎でやるみたいで。
こうなったらそっちも見るか!と思ってます。
そっちは殿がご出演。
こっちはスシ屋がご出演でした☆

そして「陰陽師」
染がまっちろ!きつね!
前半しっかり眠くなりましたが、後半やっぱ面白かったなー。
10年前なら浅草公会堂でやったろーなーって若手(とももう言えなくなってきた!)のメンツがこぞってご出演。
海老に菊に勘九郎に七に染!愛りん!
豪華でごじゃったー。
一番おいしいとこ持ってったのは亀蔵さまでしたが。
今まで映画とかあったけど興味わかなかったのですが、ちょっと原作読んでみようかなーとか思いました。
博雅は勘九郎ぴったりすぎると思うんです…。
あーいいコンビだったー♪

両方良し悪しもありましたが、でっかい小屋の贅沢舞台はいいもんだ!
そして客席埋まってるってすごいこっちゃ!

眼福眼福。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。